小田原箱根商工会議所は、小田原・箱根の企業を応援しています。


融資、検定案内、貸会議室 小田原箱根商工会議所

文字サイズ

お知らせ

小田原箱根商工会議所と関東学院大学との包括的産学連携に関する協定について

 平成30年5月25日(金)、小田原箱根商工会議所と関東学院大学との間で、包括的産学連携に関する協定を締結いたしました。この協定は地域産業の発展と人材育成、学術研究の向上による地域経済の活性化を目的としたものであり、以下は調印式の模様と協定の具体的な内容です。

調印式の模様

 
●鈴木会頭のコメント
 当商工会議所にとって大学組織との連携協定は初の試みでしたが、関東学院大学には快く胸襟を開いていただき感謝しています。この協定を契機に、当地の伝統技術と最新技術が融合され、新しいモノの創出に繋げることができればと期待しています。
●規矩学長のコメント
 昨年、開設した国際研究研修センターが、今後当地と深い協力関係を築いていければと期待しています。小田原箱根地域の様々な産業から研究素材を提供していただけることは非常にありがたく、感謝しております。研究者、学生の学びの場として、地域に貢献し、共に発展していければと考えています。
 
-調印式参加者-

● 小田原箱根商工会議所 会頭 鈴木悌介
● 関東学院大学 学長 規矩大義
● 小田原箱根商工会議所 工業ものづくり部会長 内田治光
● 小田原箱根商工会議所 工業ものづくり部会委員
  兼 箱根物産連合会会長 露木清勝
● 関東学院大学 経営企画部長 関口洋子
● 関東学院大学 小田原キャンパス事務長 依田勉
(敬称略)
左から、露木委員、内田部会長、鈴木会頭、規矩学長、関口部長、依田事務長

協定の具体的な内容

1. 「関東学院大学 材料・表面工学研究所」の教授及び事務スタッフと、「小田原箱根商工会議所」会員及び事務局にて、年間数回情報交換のために会議や懇親会を開催する。

2. 連携協定締結後、会議所会員全体に「関東学院大学 材料・表面工学研究所」からの情報を提供するため、当所会報に研究情報を掲載する。また、工業ものづくり部会新聞に、「関東学院大学 材料・表面工学研究所」の事業紹介の連載ページを設置し、部会員に「関東学院大学 材料・表面工学研究所」との交流を促す。

3.「関東学院大学 材料・表面工学研究所」の研究事業をPRする。

4.双方で研修会やセミナーを開催し、情報交換しながら参加を促す。マッチング(BtoB、BtoC)に相談内容が発展した場合は、双方の事務局が間に入り情報管理を行う。

お問い合わせ先

小田原箱根商工会議所 担当:長田・小林

TEL:0465-23-1811 / FAX:0465-22-0877

意見・要望活動

意見・要望活動

ページの先頭へ