小田原箱根商工会議所は、小田原・箱根の企業を応援しています。


融資、検定案内、貸会議室 小田原箱根商工会議所

文字サイズ

電子帳簿保存法と消費税インボイス制度のポイント講座

 電子帳簿保存法が2020年10月改正に続き、電子取引のデータ保存の義務化等大幅な見直しがなされ、2022年1月より施行されます。また、2023年10月1日から、消費税につきましてもインボイス制度に移行されます。

 本講座では、どんな内容の法律なのか、改正によりどのように変わったのか、中小企業に求められる対応について説明いたします。

【対象となる方】
 ◎電子帳簿保存法 
  取引書類がメールやFAX取引の授受が多く、電子帳簿の保存の
  義務付けが必要の方


 ◎適格性請求書(インボイス制度)
  納品書や請求書の発行業務の担当者や免税事業者の方

【内容】
 ◎電子帳簿保存法 

  ●帳簿書類のペーパーレス化による印刷・郵送・保管コストの削減
  ●帳簿書類の検索性向上、システム利用による利便性向上による
   業務の効率化
  ●情報漏えい、紛失など、帳簿書類管理・運用に伴うセキュリティ
   対応の負荷軽減


 ◎適格性請求書(インボイス制度)
  ●インボイス制度とは、売手が買手に対して、正確な適用税率や
   消費税額等を伝えるもの。
  ●現行の「区分記載請求書」に「登録番号」、「適用税率」及び
   「消費税額等」の記載が追加された書類やデータ。

講師
 小田原税務署 法人課税部門
  上席国税調査官  大場 尚智 氏

日時

令和4年1月28日(金)

 14:30~16:00

場所

小田原箱根商工会議所 2階 大会議室
  小田原市本町4-2-39
ZOOMによるオンライン参加も可能です

定員

30名
(定員になり次第締め切り)

受講料 無料
持ち物 筆記用具
主催 小田原箱根商工会議所
 経営支援部
 金融庶業部会
共催 (公社)小田原法人会

お申し込みは下のリンクから受講申込書をダウンロードしてFAXにてお送りください。

電子帳簿保存法と消費税インボイス制度のポイント講座申込書

電子帳簿保存法と消費税インボイス制度のポイント講座申込書(166.2KB)

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です

お問い合わせ先

小田原箱根商工会議所 経営支援部(担当:米山・長田・樋口)

TEL:0465-23-1811 / FAX:0465-22-0877

意見・要望活動

意見・要望活動

ページの先頭へ