小田原箱根商工会議所は、小田原・箱根の企業を応援しています。


融資、検定案内、貸会議室 小田原箱根商工会議所

文字サイズ

お知らせ

鈴木会頭から2021(令和3)年新年のご挨拶を申し上げます


2021(令和3)年、小田原箱根商工会議所では、新型コロナウイルス感染症感染拡大の影響により、新年会員賀詞交換会を中止とする決断をさせていただきました。

そこで、鈴木会頭より、皆様へ動画により新年のご挨拶を申し上げますので、ご覧いただければ幸いです。
【新年のご挨拶】

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

晴れ晴れとした「おめでとうございます」の挨拶がしにくいお正月は初めてです。コロナ禍でお亡くなりになった方々、闘病中の方々、事業や生活に苦労されている方々にはお見舞いを、私たちのために医療や福祉の前線で戦っている方々には、心からの感謝を申し上げたく存じます。

コロナの感染の拡大を受けて、残念ながら今年は賀詞交換会を開くことができませんでした。

私たちは今、感染防止をしながら、経済を廻していくという難題を突き付けられています。
当所としては、「守り」と「攻め」の両面で、会員の皆さまへのこまめな情報提供、個別相談、行政への要望活動など、タイムリーな支援のためのアクションをとってまいります。ぜひ、ご活用ください。

さて、このコロナ禍で昨今私たちが体験していること、例えば、高速道路や新幹線が空いているとか、老舗企業の経営が立ち行かなくなるとか、テレワークなどの新しい働き方が始まるとか、東京集中から地方分散への動きが起こるとかの中には、もしかしたらコロナがなくとも遅かれ早かれ起こったことが多いように思います。

コロナが未来を一足先に連れてきて、私たちは、いわば「来るべき未来」を垣間見せられているのかも知れません。とすれば、過去に戻ろうとすることはあまり意味がなく、それより「来るべき未来」の中で、経営者としては自分の会社がどうお客様の役に立っていけるのかを考え、できることから実践していくほうが、少なくとも気持ちは前向きになれるのではないかと思います。

では「来るべき未来」とはどんな世の中なのでしょう。
コロナの前から、私たちは、気候変動やSGDsといった世界共通の待ったなしの宿題を受け取っていました。

コロナからの回復はその課題から目をそらしていてはできない、いや、それらに真摯に取り組みことがコロナからの回復をとげ、「来るべき未来」を創っていくことになるのだと思うのです。

コロナを体験して、自分の商売の弱点や課題も見えてきたのではないかと思います。
逆に、強みを再認識した方もいらっしゃるかも知れません。

いずれにしても、この厳しい試練をチャンスと捉え、学びを活かして、次の一手へつなげるというしたたかさを持ちたいものです。

商工会議所の役割の一丁目一番地は、会員企業の商売繁盛のお手伝いであります。働き方改革、事業承継、創業支援、地域防災、再生可能エネルギー、東京オリパラのレガシー、そして、コロナで明らかになった経営上の課題、例えば、デジタル化の遅れ、観光のあり方の見直しなど、地域の中小企業の集まりとしてやるべきこと、やれることが山積みです。

地域で廻るお金を増やし、その廻るスピードを上げ、持続可能な経済の力で持続可能な地域を元気にしていけるように、今年も様々な活動を展開してまいります。

2月には新しい会館がオープンします。単なる事務所スペースではなく、会員の皆さまのさらなる連携やネットワークづくりの拠点にしたいと準備してまいりました。眺めのいいカフェスペースもございます。ぜひ、気軽にお立ち寄りください。

共に目の前の苦境を乗り越え、この一年実り多き年になりますことを祈念申し上げ、年頭のご挨拶とさせていただきます。

意見・要望活動

意見・要望活動

ページの先頭へ